読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VAIO Pro に Arch Linux をインストールする

2014/02/20 再インストールに伴い数カ所修正


VAIO Pro 11 を買ったので、これまでの環境と同じく Arch Linux を入れました。(これまでは ArchBang を使っていたので)素の Arch を入れるのは初めて。

なお、以下の作業は 2013-10-28 時点のものです。現在でも大体このままで大丈夫だと思いますが、まずいところは ArchWiki など参照して適宜修正してください。

準備するもの

  • VAIO Pro
  • 有線ネットワーク環境
    • USB 有線 LAN アダプタ
  • DVD-R 4枚(or 同等の容量分の光学メディアか USB メモリ)
    • 光学メディアを使うなら USB 外付けドライブ
    • リカバリメディア用
  • USB メモリ
    • LiveUSB 用

Arch Linux LiveUSB を作る

  • Mac or Linux 上で作業していると仮定)
  • iso イメージをダウンロード
    • 日本におるなら jaist あたりのミラーを使うべき
  • USB メモリを刺す
  • すぐに sudo dmesg | tail -20
    • sda:sda1 とか表示されたのを覚えておく
  • iso を USB メモリに焼く
    • dd if=/path/to/iso of=/dev/sdX bs=1M
    • sdX はさっき覚えたやつ

Windows を処分する

  • 万一のために、リカバリディスクを作っておく
  • VAIO Update をかけて BIOS とか色々最新化しておく
  • ASSIST ボタンを押すか VAIO Care (Desktop) を開く
  • リカバリメディアの作成をする
    • フラッシュメモリか、外付け光学ドライブ + 光学メディアが必要
    • DVD-R 4.7GB を4枚
    • ディスク検証のチェックを外すとさっさと終わるはず
      • 外さなかったので、作成に1時間半くらい要した
  • シャットダウン

Arch Linux のインストール

BIOS をいじる

  • USB から起動できるように BIOS をいじる
  • シャットダウンした状態で ASSIST ボタンを押して起動
  • BIOS の設定」
  • BIOS をいじる
    • [2014/02/20 追記] Intel(R) AT Support System: disabled
    • Secure Boot: disabled
    • External Media: enabled
    • Boot Order は External Media を一番上に
  • Save して Shutdown

インストール

  1. USB を刺して起動
  2. ブートローダ画面が出たらすかさず e を押す
  3. カーネルパラメータの設定に移行するので、先頭に libata.force = noncq を追加する
    • これが無いと内蔵 SSD を読んでくれない?
  4. Enter 押して Linux を起動

パーティション

  • /dev/sda1 (/boot): 512MB
  • /dev/sda2 (/): 残り全部
  • gdisk /dev/sda
  • o で全部上書き指定
  • n で新規パーティション追加
    • First はデフォルト値、Last は 512M
    • Hex code は ef00
  • プロンプトに戻るのでもう一度 n、これは全部デフォルト値でOK
  • w でディスクにパーティション書き込み

ファイルシステムを設定してマウント

mkfs.vfat -F32 /dev/sda1
mkfs -t ext4 /dev/sda2

mount /dev/sda2 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/sda1 /mnt/boot

LAN につなぐ

いろいろ

  • 初期パッケージのインストール
  • /etc/pacman.d/mirrorlist は jaist とか tsukuba ミラーを一番上に
vi /etc/pacman.d/mirrorlist
pacstrap /mnt base
  • fstab の設定
genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
arch-chroot /mnt
vi /etc/locale.gen
locale-gen
echo LANG=ja_JP.UTF-8 > /etc/locale.conf
[2014/02/20 修正]  ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/timezone
hwclock --systohc --utc
  • ホスト名設定
echo dtan4-vaio > /etc/hostname
  • root パスワード設定
passwd

ブートローダのインストール

  • インストールプロセスで最大の鬼門
  • 最初は GRUB 入れようとして失敗しまくったので、UEFI 専用の Gummiboot を使うことにした

gummiboot

# [2014/02/20 .img はコピーせずに進める 以下4行は無視]
# mkdir -p /boot/EFI/arch/
# cp /boot/vmlinuz-linux /boot/EFI/arch/vmlinuz-arch.efi
# cp /boot/initramfs-linux.img /boot/EFI/arch/initramfs-arch.img
# cp /boot/initramfs-linux-fallback.img /boot/EFI/arch/initramfs-arch-fallback.img
# [2014/02/20 ここまで]
mount -t efivarfs efivarfs /sys/firmware/efi/efivars
pacman -S gummiboot
gummiboot install
  • /boot/loader/loader.conf は以下のように設定
# /boot/loader/loader.conf
default arch
  • [2014/02/20 修正] /boot/loader/entries/arch.conf は以下のように設定。
# /boot/loader/entries/arch.conf
title Arch Linux
linux /vmlinuz-linux
initrd /initramfs-linux.img
root=PARTUUID=<SDA2_PARTUUID> rw quiet libata.force=noncq

シャットダウン

exit
umount /mnt/*
shutdown -h now

USB を抜いて起動する 直接 Arch Linux が起動したら成功、ブートメニューが出たりエラーになったりしたらやり直し

カーネルパラメータから、先ほど設定した libata.force = noncq を削除するのを忘れないこと

Linux インストール後

適宜、自分の好きな WM を入れたりしましょう

systemctl enable dhcpcd
systemctl start dhcpcd
pacman -S xf86-video-intel xf86-input-synaptics xfce4 xorg-server
pacman -S alsa-utils
pacman -S slim slim-themes

systemctl enable slim
pacman -S xorg-xmodmap
pacman -S bluez-utils

参考